酒飲みの大義名分

スローフード農園だより~玉ねぎ収穫時期です!

2011年04月18日

今年は例年より早めに玉ねぎの収穫時期を迎えることになりそうです。

ご覧のとおりもう葉っぱが倒れてます。これがそろそろ収穫だよ!のサインです。

前回の農園だよりにも書きましたが今年は収穫量が例年に比べて微妙です。全部採ってみなけりゃわからないのです。

よってオーナーを募集してましたが急遽収穫体験イベントとすることにしました。

4月23日(土)と5月1日(日)の2日間。両日共に10:30~14:00頃までです。

参加費は500円。20個程度は保障しま~~す!

束ねて日陰にぶら下げておけば日持ちもします。昨年はネットの袋に入れて失敗しました。

やっぱりぶら下げるのが一番!先人の言うことは聞くものです。ハイ。

例年だとにんにくも同時期に収穫なのですが・・・今年はまだにんにくの芽も出てません。

しっかり追肥してきました。運がよければ収穫の時ににんにくの芽も採る事ができるかも。

これもまた格別なんですなあ~~。国産にんにく・しかも有機無農薬のにんにくの芽なんて普通じゃ食べることができません。早く芽が出るように気合をいれながらの追肥です。(内心・・・祈りながらですが・・・)

これから夏野菜の定植時期になります。今のところ「とうもろこし」「枝豆」「なす」「かぼちゃ」「きゅうり」「落花生」「トマト」「ピーマン」などを第2農園と合わせて植えようかと思ってます。第2農園は空豆をやってますが案外アブラムシの害が少ないので「とうもろこし」や「枝豆」とかにはいいかなあ~と思案中。「とうもろこし」はおととしやったけど散々だったからね。

おいしい野菜が採れますように。今年も夏に向かってがんばりまっす!!

主人は「スイカ」栽培への挑戦と「草刈機」の品定めに余念がありません・・。スイカ・・やる・・の?

カテゴリ:スローフード農園にてコメント(0) |投稿時間2:24 PM
タグ: ,


魚と野菜のみの和食を作るべし

2011年04月17日

というお題をもらってから1週間が過ぎました。魚って普段は焼く、揚げるくらいだから

メニューをいろいろ考えるきっかけになるもんだ!季節感も出せるといいんだけど・・。

特に美味しかったのをご紹介。

11日(月)

■98円の塩鮭を野菜とわかめをのせて蒸しました。わかめをたっぷり目にのせるのがポイント。

■副菜で大豆のとも和えサラダ。ひじきときゅうりも入れてみた。ドレッシングをかけました。

ドレッシングって和食??これだけは勘弁してください・・。

この日のお酒は赤ワイン:サンジョベーゼ100%。酸味があるので魚でもいけました!

12日(火)

■小あじの南蛮漬け。これも10尾で98円だったのよ。激旨!!南蛮漬けって和食??和食!!です。

■ホタテとあさつきのポン酢和え。ホタテは網で焼いてます。あさつきってサラダ感覚で食べるとうまかった。

■筍。この季節しか食べられない掘り立ては「春だよね~~」と感じさせてくれます。

この日のお酒は赤ワイン:残ってたボルドー・・・。ビールの後に飲むものなくて・・でもちょっと劣化してて・・・話にならんかった。反省。これは料理用に格下げです。でも赤ワインを使った料理はいる作れるんだろう。

13日(水)

■行者にんにくの天ぷら。マイブームです。苗を見つけたので農園に植えようかとも考え中!

山菜の天ぷらでは「こしあぶら」・・「とうだいのめ」とも言うのが絶品ね。たらの芽なんて目じゃないさ!

■なんと!鯖の水煮缶!!初めて食べたけどすっごく美味しかった。漬け汁にしょうゆと山葵を混ぜました。農園玉ねぎポン酢かけも美味しかったけど・・・山葵醤油のほうがgoodです。コレ大発見!主人にいたっては大感激!もちろん鯖と塩だけですよ!添加物なし。コレ基本です。

左上の揚げ物は鶏じゃないです。レンコンをすったのに明太子を混ぜた揚げ物です。アシカラズ。

この日はロゼ:カベルネ・ソーヴィニヨン(チリ産)和食にはロゼの辛口は合いますね。

14日(木)

■いわしの塩焼きと蒲焼き。ちょっと油がのってない感じ・・・・・。でもいわしは旨いねえ。

■筍を網で焼いたの。醤油を塗って焼くのだけどこれもまた春の味です。

■大好物のカジキのお刺身。1年ぶりくらいにスーパーで見つけて即買いですわ!美味すぃ~~~。

この日も前日のロゼの残り。いわしでもあんまし違和感なしです。

15日(金)

■鯵のなめろう。

■ズッキーニとパプリカの揚げ浸し。ズッキーニがあって和食!ということで困ってたけどこれで1本消費。パプリカは宮城県産なのでスーパーに行くといつも買うようにしてます。

奥のお皿は秋刀魚の開き用。(主人用)遅くなるのでまだお皿にはのっとりません。

なめろうは日本酒でっす。鈍燗を2合ほど。

16日(土)

この日は農園に行ったので南知多産の地魚「鯛」づくしでっす。

が!!下の鯛めしは失敗です。2合のお米には土鍋が大きすぎた・・・。でも「鯛」は美味しかったんです・・。鯛が2匹どかんと乗っている写真を撮り忘れました。失敗がショックで・・。だって・・初めて作ったんだもん・・許して。

■鯛のお刺身。南知多産。

■フルーツトマト(半田のフルーツトマト研究会が作ってるらしい)&農園玉ねぎサラダ

■真ん中の生麩の揚げ煮。なんでもないけど美味しいね。

この日は「フランスロワール地方のカベルネフランが主体のAOCアンジュウ2007」。さっぱりした爽快感がありながら後になって柔らかいタンニンがきます。和食には合うと思う。私は好きです。カベルネフラン。

そんなこんなの魚で和食の1週間。実は夫婦でちょっこし痩せました。でも・・・気のせいか・・今日畑に行ったときに何でか~~パワーがみなぎらない・・持久力が落ちているような・・。気のせいかな。肉のせいかな。主人は気のせいだ!と申しております。でもまだすっごくお肉が食べたいわけではありません。

スーパーでも肉関係売り場を素通りして、尚且つ和食に限定すると未熟者の私では選択肢が少ないのがいかん。

いかに日本人の家庭の食卓は外国の影響を受けているのかが良くわかります。

そして食べたことのない魚がまだまだあるというのもね。

そして・・「お魚って高いのね・・・」&「日本人はいつからこんなに肉食になったんだ!?」

正直!私は今ウインナーが食べたいのだ!!


スローフード農園だより

2011年04月11日

こんなもの第2農園で見つけました!

        

今日は農園のたまねぎ、にんにく、空豆、じゃがいも、かぼちゃの発芽の様子を見に来ました。

たまねぎは今まで成功してたのに今年は「ベト病」にかかってしまいました。

これ以上大きくならないかもです。堆肥が均一に撒かれていないことが原因だそうです。

主人は結構ショック。今まで成功してたからね。でも失敗は成功の母?父?と言いますから。

葉の中心が白くなってるのが「ベト病」です。

同じ畝でも手前は白っぽくって真ん中は緑なのが分かりますか?これが堆肥のばらつきの証拠です。真ん中は雑草も緑だけど手前は枯れてるでしょ?

ゴールデンウイークあたりに収穫予定です。大きさはバラつきがあるので

オーナーをご希望の方はできるだけ大きいのを選んで収穫してくださいね!

にんにくもちょっと心配です・・・なあ。大きくなるかなあ・・・・・。

かぼちゃは師匠の倉庫の中で無事に発芽しました。たまねぎ収穫後定植します。

じゃがいももボチボチ発芽してました。

第2農園の空豆。結構いい感じです。虫も今のところいません!がんばってくれ!

あぶら虫の天敵てんとう虫くん!

我が家は主人の提案で今日から「肉」断ちです。主人いわく昔から日本人が食べてきたご飯を

続けるとどうなるか検証したいらしい。魚と野菜を中心にした和食でどこまで我慢できるか!

イタリアンもだめ!中華もだめ!和食だけ!天ぷらはいいけどフライはダメ!らしい。

じゃ、マヨネーズもダメだよね!マヨラー主人は・・・・・・・・・・・・・・・。

さてさてどこまで頑張れるでしょうか?作る方も結構大変そうだ!

今日の晩ご飯は

「南知多産こうそかれいの塩焼き」「農園ブロッコリーの白和え」「農園たまねぎのオカカかけ」

「三つ葉いっぱいの卵焼き」「こんにゃくのおカカ煮」「自家製なめたけのおろし和え」

「こうそかれい」これからが旬らしい。結構おいしかったです。煮たより焼いた方が好き。

農園の玉ねぎは小さかったけどフレッシュで甘みがあり美味しかったです。

二人でちょっと安心しました。

ブロッコリーは花になる寸前のものを全部採ってきました。安易にマヨネーズかけとはいかず

豆腐があったので考えた挙句の白和えになりました。

このメニューでは・・やはり日本酒ですね。

いただきます。

<今日のお酒>

ビール:キリンラガー 500ml 1本

日本酒:越後の本醸造酒「めおと酒」鈍燗にて 2合

シェリー酒:ロックで2杯

カテゴリ:スローフード農園にてコメント(0) |投稿時間4:49 PM
タグ: , ,


心機一転~味噌の仕込み

2011年04月04日

4月になり我が家の前の桜も咲き始めました。

春が来たので気持ちも切り替えて参りましょう。

3月の終わりに仕事で行ったハイウェイオアシス刈谷でこんなものを見つけました。

愛知県岡崎市のこうじ専門店「兵藤こうじ店」のものです。

そう言えば最近「塩麹」がブームになりつつありますね。

商品の裏を見るとこれでお味噌が作れるらしい。いっちょやってみますか!

おりしも雑誌で「塩麹」や「味噌」の作り方などが掲載されていたのでそれを見ながら挑戦です。

できあがった味噌玉。大豆に豆麹、米麹、塩を混ぜました。

大豆をつぶすのが結構大変な作業。

赤味噌の場合は10ヶ月以上置いたほうがよいのだそう。どんなお味噌になるのやら。

それと話題の「塩麹」つくり。

ボールに手で細かくしながら入れるそばから麹菌なのか煙のように立ち上ります。

米麹と塩と水だけ。

これは1~2週間で料理に使えるらしいです。

米麹は「甘酒」も作れます。昔寒い寒い中で飲んだ甘酒がおいしかったのが思い出されました。

桜が満開になったら「甘酒」でも飲んでみようかな・・・。

あっ、でも米麹全部つかっちゃった。

一生忘れることができない2011年春に仕込んだ我が家の味噌です。

暑い夏を乗り越えてしっかりと心を込めて育てていかなくてはいけませんね。

昼間に仕込んだので・・・・・

<今日のお酒>は省略です。

最近は、も!か・・もっぱらワインですね。

その話題は「塩麹」を使った料理とともに・・また今度!

カテゴリ:調味料コメント(0) |投稿時間1:55 PM
タグ:


日常であることの幸せ

2011年03月29日

書き出しに迷いました。なんて書けばいいのかさっぱり・・・。思いつきません。

色んなことが片がつくまで更新はやめようかとも考えてました。

でも・・・まだまだ。なんですよね。

で、自分の思いをここでつづることにしました。

「食べることができる幸せ」なんて今まで考えてもみなかった。

スローフードという理念はは豊かさの上で成り立ってるんじゃないか・・・。?

豊かさへのアンチテーゼなのではないか!?と思いました。

こんなときにスローフードという理念は何の役にもたちません。

でも、きっとこれからです。

スローフード福島の酒蔵は今年の福島のお米の収穫は無理でしょう。

水も心配でしょう。仕込みはできるのでしょうか・・・。

当然のようにスーパーに並ぶ魚は今年見ることができるのでしょうか?

私は被災者ではありません。家で毎日あたたかいご飯を食べ、暖かい布団で毎日過ごしています。

そして当たり前のように食卓でご飯を食べています。

この日常に改めて心から感謝です。

「いただきます」。

決めました。今売っている被災した地域の物をできるだけ買おう。そのくらいしかできません。

福島のお米も売ってます。少しでも経済の活性化に繋がることができるのなら・・・。

これからいっぱいいっぱい様々なことがあるでしょう。

スローフードあいちの一員としてできることはやっていく。

そしてもう一度スローフードって何かを自問自答しながら

私が享受している日常をただむやみに過ごさずに

考えながら過ごしていきたいと思っています。

今までブログのために「ハレの日」の料理を作ったりしてたこともありました。

でもそれはスローフードとは違うなあと今思います。

日常の食卓。何でもない日常のごはんを大切に大切にすること・・・・

今、気がつくと私はなぜか日常のごはんをいつもより丁寧に作ってます。

私が得意の「段取り」ではなく、できあがる味を丁寧に考えながら。

人が人を思いながら料理する。

そして料理してくれた人に感謝の気持ちを抱いて食べること。

もしかしたらそういうことがスローフードなのかもしれないなあ。

カテゴリ:その他コメント(2) |投稿時間9:39 PM



カレンダー

« 1月 2017年3月

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。


キーワード検索


【ブログ担当者】 shoko
スローフードあいち設立当初からのメンバー。料理好きの猫好きのお酒好き。
お酒は何でも好きだけど一番ホッとできるのは「バーボン」。
日本ソムリエ協会会員 ワインエキスパート

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

現在お知らせはありません。

メルマガ登録

「酒飲みの大義名分」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先