KAOさんのスローライフ&Cooking

薬膳  ~クチナシ・蓮子~ 2017年05月11日


クチナシは、アジアを原産地としていて、日本でも古くから用いられてきたスパイスで、料理には主に色づけ、生薬としては精神安定剤や胃腸炎の薬として処方されてきました。(HP参照)

 

 

漢方では「山梔子(さんしし)」といいます。

身体の熱を冷まして、胸部の不快感や痛みを取り除く目的に使用したり、喉の閉塞を開いたり、不眠や黄疸の治療に用います。

くなってくるこの時期に、取り入れたい食材です。

節句にこれを食べる習慣があるそうですが、我が家では、この習慣はないです。。

*クチナシと黒豆のお粥
蓮子(れんし)
ハスの実は、古くから生薬として婦人病や滋養強壮、下痢止めなどに効果があるとされ、広く利用されています。
ハスの実には、糖質をはじめ、ビタミン類やミネラル類、食物繊維など女性に嬉しい有効成分が豊富に含まれています。
*蓮子入りキャベツとトマトスープ
‘*ジャスミン入り緑茶*
  
緑茶が美味しい季節に、鎮静効果、不安やうつっぽい気分を軽減する、不眠の解消、自律神経の緊張をほぐすリラックス効果などがる、ジャスミンと、更にくこの実。女性に嬉しいお茶です。
*さばの甘酢漬け*
青魚は、体にも頭にもいいですよね。
まだまだ、勉強しなくては。。

カテゴリ:お出かけ,各国料理コメント(0) |投稿時間3:46 PM
タグ: , ,


TASTE CLUB 7周年のご案内 ~オタフクソース~ 2017年05月09日


お蔭様で、TASTE CLUBは、7年目を迎えることができました。

 

 

この度、昨年よりご縁を頂いております、オタフクソース様のショールームにて、テイストクラブ7周年を開催することとなりました。

 日時:2017年7月2日 日曜日  11:30~14:00

 場所:オタフクソース

    名古屋市中区錦1丁目17-26 ラウンドテラス伏見

 参加費:2,000円

 

テイストクラブらしく、体験型のパーティーを企画中です。

 

お好み焼きに合うワインや、ウィスキー、お茶、ジュースも、ご用意しております。

お子様好みのお好み焼きも☆

様々なソースもあります。

 

ワイワイ楽しく、交流頂ければ幸いです。

すでに、残席わずかとなっておりますので、ご希望の方は、お早めに連絡をお願い申し上げます。

 

 

テイストクラブは、どんな活動をしているの?

味覚教育を主軸とし、味覚を磨くことから、食べ物、動植物、環境、人との関りなど、様々な枝葉を広げていき、多様性を認め、人との違いを認め、情報過多の時代に、自分のコンパスを見つけることを、目的としております。

 

*なごや環境大学・小学校のトワイライト・中学高等学校でのセミナー

*伝統野菜の紹介なども行っており、種を採り、ちりめんかぼちゃは、現在7代目を、育てております。

 

最近は、ワインの木のオーナーにも登録し、障がい者の自立支援活動も、楽しみながら参加したり、

 

 

森林整備活動の、お手伝いも時々

皆様と、たくさんお話ができることを、楽しみにしております。

今後とも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

 

カテゴリ:mobile,お知らせコメント(0) |投稿時間10:07 AM
タグ: ,


ちりめんカボチャ苗植え  2017年05月04日


ちりめんカボチャの苗植えに、行ってきました。

48個の種をまいて、34株芽が出てました。

まあまあの成績 (*^。^*)

 

 

毎年恒例。(笑)

 

7代目となるこの子たち。

 

大きくなりますように☆彡

 

そして、子供の日は、柏餅を食べました。

 

 

兜とこいのぼりの春巻き

子供たちと、一緒に楽しめますね♡(*^^*)

 


春ワインと春の食材たっぷり家庭料理 2017年04月29日


ヴァン ナチュール(自然派ワイン)のイベント

 

 

ラムーノさん主催の、この会はいつも、楽しくて、素敵な時間を過ごせます。

ワインと言っても、敷居の高くない、家庭で気軽に楽しく飲め、そして体に優しいワインを、伝えたいという想いを持って、活動されてみえます。

テイストクラブの趣旨と、近いものを感じます。。(私の勝手な意見ですが。。)

 

 

 

自己紹介は、手が動きますね(笑)

 

①カヴァ チャンカレ・ブリュットNV

スペインのワイン

品種は、マカベオ、バレリャータダ、チャレロ

 

②アルビタン ビティクルトール イレルカボニア

スペイン/カタルーニャテラ・アルタ

品種は、ホワイトグルナッシュ(ガルナッチャ)

絶滅品種と、言葉に反応(笑)

ホワイトガルナッチャは、珍しい品種だそうです。

 

③ベアトリス・エ・パスカル・ランベール

ベル・マチュリテ・シノン

フランス/ロワール

カルベネ・フラン100%

 

④アグリコーラ リュイット リミタダ

ピペーニョ コエレム (パイス)

チリ

品種は、バイス100%

今回は、単一品種をテーマに、勉強しました。

セパージュワインと、言うそうです。

 

個人的には、①②の飲みやすい感じが好みでした。

赤は、グラスが大きいほうが、まろやかになります。

 赤を、美味しく感じることができる日は、ちょっと遠そうですが。。(;^ω^)

 

Nejiさんのお料理。

 


今が旬のフキや新玉ねぎを使った、私好みのLunch

 

残念なことに、花粉症で味の把握が、悪かったのです。。( ノД`)

嗅覚が機能しないと、味もわかりにくくなりますよね。。

 

 

 

ご一緒頂きました、皆さまありがとうございました。

また、次回も楽しみしてます(*^^*)

 

 

 


大阪ミナミの旅  ~カヌレ~ 2017年04月24日


職場の皆さんとの交流会

 

 

大阪難波

やっぱり、たこ焼き(^◇^)

 

たこ焼きの、種類もたくさんありました。

さすがです。

2種類の食べ比べ。

とろとろより、カリっとした食感の方が好みかな。。(*^^*)

 

吉本も観てきました。


しげじい、最高☆彡

笑ってストレス解消!

翌日の朝食は、景色も最高でした。(^^♪

 

 

千日前道具筋

 

ぺティナイフが、ちょうど壊れたので、新しく買いました。

業務用だけあって、切れ味いいです。

 

黒門市場



 天下の台所。食材が豊富なこと。

 

大阪らしくないかもしれないけど、カヌレ専門店を発見。

 

カヌレ

正式名:カヌレ・ド・ボルドー

カヌレは18世紀にボルドーの女子修道院(Couvent des Annonciades)で修道女が作っていたと言い伝えられています。

 

主材料である卵の黄身は、ワインを作る過程で出るものです。

ワインを樽の中で熟成させるとき、ぶどうのカスみたいなのが、底に沈みます。

この澱(オリ)を取り除くために、通常別の樽に移し替えます。

昔、ボルドーでは澄んだワインを作るために、オリ取りに卵白を使っていました。

あまった黄身を有効活用するために、修道女たちがこの焼き菓子を作り始めたと言うのです。

蜜蝋を使うと、外側にツヤが出るというか、ピカっとした感じに焼きあがるのです。

 

修道院の庭ではよくハチを飼って、ハチミツや蜜蝋を作っていました。

そのためヨーロッパの古い教会にまつわるお菓子はハチミツを材料に使ったものが多いです。

型のまわりに溝が入っていますが、この「溝」がお菓子の名前の由来とされています。(HP:furansu-go.com/canele/参照)

 

和の素材を使っていて、とても美味しかったです。

修道院に伝わる伝統菓子も、また講座でやりたいなあと、閃いた旅になりました。

 

カテゴリ:mobile,お出かけコメント(0) |投稿時間10:31 PM
タグ: , ,



カレンダー

« 7月 2017年8月

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。

キーワード検索



【ブログ担当者】 Kao
現在は、ファイナンシャルプランナーとして勤務。
食育インストラクターと保育士の資格を合わせ、それを生かそうと、2008年にスローフードあいちに仲間入り。
また、食べる事が大好きで、アレルギー持ちの事もあり、薬膳・マクロビオティック・ハーブなど、ナチュラルでヘルシーな食事法を勉強中。
趣味は、お菓子作り、ランニング、読書、音楽、DOG?

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

TASTE CLUB 7...
2017年5月9日

お蔭様で、TASTE CLUBは、7年目を迎えることができました。   ...


メルマガ登録

「Kao's スローライフ & Cooking」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先