KAOさんのスローライフ&Cooking

☆ MAKIKO FOODS STUDIO ☆ 2015年08月22日


久しぶりに、真紀子先生のレッスン。

毎回、かわいい子達が、お出迎えしてくれます。(●^o^●)

 

真紀子先生の、作業は、いつ見ても、丁寧ですし、手抜きがないです。

**レモン風味クリームチーズケーキ** 

 

 

グラハムクッキーから、作ります。

市販のものと、ローストグラハム、グラハム粉から作った、クッキーの食べ比べ。

3種類、ぜんぜん違います。

 

グラハム粉から、作ったものが、一番美味しかったです。

チーズケーキに敷かなくて、そのまま、食べても美味しいです。

 

**ショートケーキ(チョコレートクリーム)**

ジェノワーズ(スポンジ生地)の基本も、再度、勉強になります。
イメージは、トッ○ス風の、チョコレートケーキです。

 

**アップル シチュウ ブラウン ベティ**


こちらは、簡単にできます。アメリカの古いお菓子みたいです。

アイスクリームも、絶品。バニラがたっぷり入っています。(*^。^*)
りんごの季節も、もうすぐなので、と、言っても年中売ってますが。。(笑)
こちらは、また、講座でも、作ってみたいと思います。
真紀子先生に習ったレシピは、許可も頂いているので、伝えていきたいと思っております。

もちろん、簡単なものから、スタートです。ヽ(^o^)丿

 

 

 

カテゴリ:mobile,お出かけコメント(0) |投稿時間6:02 PM
タグ: ,


すくなかぼちゃプリン 2015年08月21日


岐阜県北部に位置する、 高山市丹生川地域で栽培されている、岐阜の伝統野菜、宿儺かぼちゃは、標高500メートルを超える盆地、昼夜の寒暖差が大きい気候、乗鞍山麓の湧水が育む肥沃な大地の下でへちまのような長い形のかぼちゃです。

宿儺(すくな)かぼちゃは、長さは50〜80cm、重さは1個2.5kg前後で、大きな物は5kg程にもなる。

 

表皮は淡い緑色に濃い緑色のまだら模様が入り、表面は滑らかである。

果肉は鮮やな黄色である。

 

4〜6月播種で収穫期間が8〜10月。

 

 

 

 

すくなカボチャプリン レシピ (パウンドケーキ型)

 


*すくなかぼちゃ・・250g
*バター・・・20g
*砂糖・・・・50g
*卵・・・・・2個
*牛乳・・・150g
*砂糖・・・・40g~50g (カラメル用)

 

 


作り方

① カラメル用の砂糖50gと、水大さじ1を小鍋にかけ、ゆすりながら煮詰める。
泡が小さくなってカラメル色になってら、水大さじ1を加えて、パウンド型に流す。

② カボチャは、わたと種をとり、適当な大きさに切って、蒸すか、電子レンジで柔らかくする。

③ 皮を剥いて、正味150g

④ かぼちゃが暑いうちに、バターを練りこみ、砂糖、卵、牛乳を加えてミキサーにかけるか、よく混ぜて、裏ごしする。

⑤ カラメルを敷いたパウンド型に流す。

⑥ 型が入る鍋を用意し、2センチほどの水を入れて、蓋をして強火にかける。

⑦ 沸騰したら、弱めの中火にして30分蒸す。

⑧ 型をゆすっても、生地が揺れないのを確かめる。蓋をしたまま、荒熱がとれるまで、置いておく。

⑨ 完全に冷めたら、冷蔵庫に入れる。

⑩ カボチャの皮は、飾りにする。

⑪ パウンド型の側面を、ナイフでぐるりとして、逆さにしてお皿にあけ、切り分けて盛り付けする。


◇ ちりめんかぼちゃ 収穫 ◇ 2015年08月16日


ちりめんかぼちゃ、収穫。
なのはな畑の佐々木さん、今回は、TASTE CLUBのメンバーさんにも、作業のお手伝いを頂きまして、ありがとうございました。m(__)m

 

収穫までくると、畑なのかも、分からないくらい、草ボーボー。。(笑)

 

70個ほど、種蒔きをし、45だったかな。。顔を出してくれて、実がついたのが、約20個。。

内、長雨などの影響で、腐ってしまったのがあり、ちゃんと収穫できたのは、10個もない。。(^_^.)

でも、昨年は、2個だから、それに、比べたら、頑張った(笑)
小ぶりでした。。

 

作り始めた年、オアシス朝市で、ちりめんかぼちゃを見て、「昔は、お盆にお供えしていたのを、思い出して懐かしい。」と、話してくれていた、おばあちゃん。

昨年は、不作でお渡しできなかったのですが、今年は、重たいかぼちゃを2個も、購入して頂けて、嬉しかったです。(^^♪

 

23日の講座で、皆さんに、お披露目しようと思ってます。(●^o^●)

 
原産については、諸説ありますが、メキシコの洞窟で紀元前7000年~5500年の地層から カボチャの種が発見されて、中南米原産説が定説になりました。
日本には、1541年に大分に、漂着したポルトガル船が、大名の大友宗麟に、カンボジア産のカボチャ (現在の日本カボチャ)を贈ったのが最初と言われています。
日本南瓜は溝が深くて果肉の黄色も薄く粘質で甘味が少なく、西洋カボチャは溝は浅く果皮が堅く果肉は橙色で粉質で甘みが強く栗かぼちゃとも呼ばれています。

日本かぼちゃは、中米から南米(北部)の熱帯地方原産で、「トロピカル・スクワッシュ」等とも言われます。

19世紀中頃にアメリカから伝わったのが「西洋カボチャ」(最初は飼料用で品種改良で食用に)です。
中南米の高原地帯(アンデス山脈等の高地冷涼地)原産で、「ウインター・スクワッシュ」等とも言われます。

扁平な形で(主に大型),溝は浅く果皮が堅い、果肉は橙色[濃い黄色](色の素はカロテンで日本かぼちゃの5倍程)で粉質でホクホクとした食感で甘みが強く「栗かぼちゃ」とも呼ばれています。

ペポカボチャは、19世紀(西洋カボチャより後)にアメリカ等(色や形の違う色々な品種がある)から伝わったのが「ペポカボチャ」です。
北米(南部の乾燥地帯,東部)原産で、「サマー・スクワッシュ」等とも言われます。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)やズッキーニ等、形は瓜状や細長い(胡瓜状)等小型の物が多く、一般的な南瓜と味も異なり、おもちゃカボチャ等とも呼ばれ観賞用等もあります。

天日干しに、してみました。

  
**ちりめん南瓜チップス**

 

天日干しして、素あげして、ハーブソルトをかけただけですが、美味しい。

おつまみにいけます!
ぽてちじゃなく、かぼち!!ヽ(^o^)丿

メンバーさんが、作ってくれた

**お揚げとちりめんかぼちゃ煮**

 


この、凸凹した部分が、美味しいので、そのまま使ってくださいませ。(●^o^●)

 

さて、お盆の季節になると、終戦の日がやってきます。

今年は、戦後70年。

亡き祖母は、いつも、「戦時中は、芋ばっか食べてたから、芋が嫌いになった。」と、よく、言っていました。

戦争は、悲しみしか生みません。

相手を知る。。理解しあえる関係。。

お互いが、そんな風に考えることが、できたら良いのにと、いつも思います。

 

お盆は、祖母が好きな、洋食にしました。  こんな風に、お盆を過ごすのも良いかな。。(^-^)

**和風ハンバーグ**

マイクロトマトも、頂きました。

ちっちゃああい(*^。^*) カワイイ

 

 

 

伝統野菜も忘れずに。

 

**ちりめんかぼちゃの豆乳ポタージュ**

 

和風出汁で、あっさりと、夏バテした胃腸にも優しい味です。

 

 

**天狗ナスとトマトのオーブン焼き** 

 

 

 

岐阜の伝統野菜の、すくなかぼちゃ。

太田農園さんとこで、作ってます。

**すくなかぼちゃプリン**

 

 

八事五寸人参の種も収穫しました。

20日ごろ、種蒔き予定です。プランター栽培ですけどね。

 

私が、出来る事。。

来年、ちりめんかぼちゃの6代目!がんばります!(#^.^#)

 


▲ 名市大 薬草園 ▲ 2015年07月11日


名市大の薬草園に、行ってきました。(*^。^*)

日本薬局方に収載されている、代表的な生薬の原料となる植物や、その他の有用植物、(染料、スパイス、健康食品など)を、栽培しており、草本 約300種、木本 70種類ほど、あるそうです。
薬草は、食品でなく、薬であるということ。
「薬」という漢字も「草を楽しむ(そして病気をなおした)」

薬草だからと言って、安心とは限りません。
和ハーブを勉強した時には、毒性の植物もありました。トリカブトとか。。

  

  

民間薬と漢方薬の違い.

民間薬というのは、民間での伝承(言い伝え)に基づいて使われている薬草のことで、下痢にはゲンノショウコ、胃もたれにはセンブリなどがこれにあたります。

 
対症療法的に用いるものが多く、また1種類の薬草を用いることが普通です。


もっとも、木曽御岳の百草丸や、吉野山の陀羅尼介のように、山伏によって伝えられた、いろいろな薬草が配合された民間薬もあります。

一方、漢方薬は漢方医学で用いられる薬です。

 
漢方医学とは文字通りもともとは漢民族によって集大成された医学で、その後日本に伝わり、日本で独自の発展を遂げた伝承医学のことです。

 
漢方薬には、いろいろな生薬が配合されているのが特徴です。例えば、よく知られた葛根湯には、葛根(クズの根)、麻黄(マオウの地上茎)、生姜(ショウガの根茎)、大棗(ナツメの果実)、桂枝(ニッケイの樹皮)、芍薬(シャクヤクの根)、甘草(カンゾウの地下茎)の7種類もの生薬が配合されています。
したがって、漢方薬は充分な知識をもった医師、薬剤師の管理の下に使わなくてはならないものです。

名市大HP参照

  

紀州(和歌山県)の医師、華岡青州さんは、三國志を参考に、マンダラゲ(朝鮮あさがお)を、主成分とした麻酔薬、「通仙散」を完成させ、世界で初めて全身麻酔による乳がんの手術に成功しました。

  

講義を受けた後は、薬草園の見学

 

 

ボランティアの方に、案内頂きました。

 

 

ローズマリーに、、セミの抜け殻。。(笑)

 

 

思っていた以上に、たくさんの種類の薬草たちが、いました(*^。^*)

 

 

エキナセアという植物は、アメリカ先住民が、風邪薬として使用されていたそうです。

アメリカでは、ダイエタリーサプリメントとして、売り上げが高い薬用植物とのこと。

ヨーロッパでは、医薬品。日米では、食品扱いです。

 

医薬品、健康食品の分類って、ルールはあるそうですが、ちょっと分かりにくいですよね。

 

 

ゆずの葉は、葉が二つあります。  個性的☆彡

 

 

 

 次回の講座で、使用する和薄荷。

現物を見ることができて、良かったです。

 

 

 

 また、違う季節にも、伺いたいなー。

 

 

カテゴリ:mobile,お出かけコメント(0) |投稿時間10:36 PM
タグ:


☆なごや環境大学共育講座 和薄荷とクレイで歯磨き粉作り&ミニクッキング☆開催のお知らせ 2015年07月10日


8月23日(日) なごや環境大学共育講座 和薄荷とクレイで歯磨き粉作りを、開催致します。

 

 

5月に、予定しておりました講座が、延期となり、ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げますm(__)m

 

講師は、昨年、屋久島の香りの講座でお世話になりました、 風香の元美先生を、お招きしております。

昨年の様子は、こちらから・・ 屋久島の香りと郷土料理

今回は、クレイ(粘土)と、和薄荷から、歯磨き粉を作ります。

チラシは、こちらから・・ 環境大学 くれい講座

 

日時: 2015年8月23日(日) 午後1時00分~午後4時00分
※受付開始午後12時30分より
場所: ウイルあいち2階クッキングスタジオ(愛知県名古屋市東区上竪杉町1)
会費: 一般:3,000円
持ち物: 筆記具・エプロン

 

食べる為には、歯磨き大切です。ヽ(^o^)丿 体にも優しい、歯磨き粉を作りましょう。

また、クレイを通じて、今、私達の足元にある、大地を感じて頂けたらと思っております。

ミニクッキングは、ホットビスケットと、岐阜の伝統野菜、すくなかぼちゃを使ったスイーツを、予定しております。

野菜の生育状況により、内容は変更になる場合も、ございますので、ご了承下さい。m(__)m

 

ハーブティーや、ハチミツテイスティングしながら、お好みの味を見つけて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様に、お会いできますことを、楽しみに、お待ちしております。<(_ _)>

カテゴリ:mobile,お知らせコメント(0) |投稿時間9:24 PM
タグ: , , ,



カレンダー

« 3月 2018年5月

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。

キーワード検索



【ブログ担当者】 Kao
現在は、ファイナンシャルプランナーとして勤務。
食育インストラクターと保育士の資格を合わせ、それを生かそうと、2008年にスローフードあいちに仲間入り。
また、食べる事が大好きで、アレルギー持ちの事もあり、薬膳・マクロビオティック・ハーブなど、ナチュラルでヘルシーな食事法を勉強中。
趣味は、お菓子作り、ランニング、読書、音楽、DOG?

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

なごや環境大学共育講座 ...
2017年9月20日

なごや環境大学共育講座開催のお知らせです。 『自然の恵みを食卓で』 身近な食か ...


メルマガ登録

「Kao's スローライフ & Cooking」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先