KAOさんのスローライフ&Cooking

なごや環境大学共育講座 ~食卓の中の微生物・自然派ワイン~ 2016年08月21日


なごや環境大学共育講座・食卓の中の微生物に、ご参加頂きまして、ありがとうございました。

 

 

また、スタッフとして、お手伝い頂き、いつも、感謝しております。

 

8月の野菜達

夏野菜は、ぶら下がる野菜が多いですね。

太陽に向かって、上へ上へと昇っている感じです。(*^。^*)

 

 

ちりめんかぼちゃ(日本かぼちゃ)、十六ささげ、てんぐなす、ズッキーニ(ペポかぼちゃ)、すくなかぼちゃ(西洋かぼちゃ)

カンボジアの胡椒や、頂き物の、いちじくなどをご紹介しました。

 

今回は、自然派ワイン=ヴァン・ナチュールの講座です。

ワインに合う、メイン料理は、キッシュにしました。

 

 

生地を伸ばして、型に敷き詰めて、アパレイユを作ります。

 

 

皆さん、とても、上手です。ヽ(^。^)

 

焼いている間に、 自然派ワイン講座。

食材の背景を知ることは、TASTE CLUBが大切にしていることです。

講師、La Munoの野村ソムリエ(自然派ワイン伝道師)のお話を、少し、抜粋させて頂きました。

 

 

講座内では、自然派ワインの話と、温暖化によるワイン造りの変化を少しお話させていただきましたが、お隣のお客様から興味深いお話をお聞きしました。現時点で「生物多様性ホットスポット」と言われる地域と現在葡萄を栽培している国々との接点。
温暖化は何を語っているのでしょうか?環境とワインの繋がりがどれほど密接なのか考えさせられます。
年々変わる「世界ワイン地図」。環境はどうなっていくのか?

人間と地球はどこに向かっているのか?
自然派ワインがこの温暖化と共にどう変わっていくのか?
環境を今一度見つめなおすきっかけになりました。

 

私も、今一度、ゆっくり聞きたい。。(^^♪

 

 

 

焼きあがりましたーーー。

 

盛り付けセンス、グループごとに、違いますが、綺麗ですね。

付け合せは、伝統野菜ソテーと、

 

今回は、お料理を食べながらの、テイスティング。

 

 

お待ちかねのワインは、夏に合うスパークリングワイン。

 

酸化防止剤無添加で丁寧に造っている日本のスパークリング。

綺麗な酸と果実味のバランスが整ったプロセッコ。

キリリと辛口で抜群の細やかな泡と程よい果実味のバランスを持ったリシャール・シュルランのシャンパン。

今は亡きテノール歌手パヴァロッティが愛したシャンパン、ドラピエ。

どれも引けを取らない美味しさ。

それぞれの造り手が、それぞれのブドウの旨みを上手に引き出したスパークリング、シャンパンばかりでした。


 

 

 

 

実は、今回、アルコールが苦手な方も、5名参加頂きました。

飲めないけど、興味はあるとか、、気軽に参加頂けて、嬉しいです。(*^。^*)

ノンアルスパークリングと自然派微炭酸ぶどうジュースを楽しんでいただきました。

 

飲めない方の方が、味覚が敏感かな。。(●^o^●)

 

 

お料理は、

夏野菜キッシュ・伝統野菜ソテー・ピクルス・冬瓜スープ

また、世界一のハチミツと、言われている?タスマニアのレザーウッドのハチミツを、当てて頂きました。

もう一つは、長野県王滝村の、百華蜜。

 

 

 

「いただきます。」

 

 

そうそう!、途中で、種採りを忘れておりました。

ちりめんかぼちゃ、6代目。

7代目に命を、繋ぎます(^^♪

「ごちそうさまでした。」

 

皆様の、楽しそうな笑顔いっぱいの講座になりました。

TASTE CLUBをイメージできる、写真☆

 

ありがとうございました。

 


ブルーベリー狩り 2016年08月07日


毎日、暑い日が続きますね。

ブルーベリー狩りに行ってきました(*^。^*) 初めてーー☆

 

岐阜県海津市にあり、名古屋から、1時間位で着きます。

木曽三川ブルーベリーの里。

4200 坪以上の広大な農園の中には約2000本のブルーベリーがあります。

 

景色も、とっても良いです。

我が家のブルーベリーは、ハイブッシュ系なので、6月~7月初旬に収穫なんですが、ラビットアイ系は、少し遅めになります。

 

 

 

熟す前は、実が赤色なんですね。

葡萄みたいに、房になってるのもあります。

 

こちらのファームには、30種類ほどの、品種が植えられています。

 

名前が、覚えれらない。。^m^

パウダーブルー、ノビリス、、、他にも、いっぱいあります。(笑)

摘み取っていくうちに、どれかどれだか、分からなくなりますが、食べると、あ!って思います。(●^o^●)

 

 

私が好きなのは、メンデイトと、フクベリーという、品種。(*^。^*)

次回は、朝ご飯抜きで、、行かないと。。

 

最後は、

**ベリーマフィン2種**

摘み取ったブルーベリーと、ラズベリーのマフィンです。

 

来年も、また企画したいと思います(●^o^●)

 

 

カテゴリ:mobile,お出かけコメント(0) |投稿時間7:07 PM
タグ:


ちりめんかぼちゃ日記 2016年08月06日


苗植えから、2ヶ月。

6代目、ちりめんかぼちゃ畑(江南市なのはな畑)の様子です。

とにかく、炎天下は暑い。((+_+))

 

 

7月初旬には、花が咲き、実がついてきました。

あいにく、夕方だったので、お花が咲いてませんが。。。(=_=)

 

 

これは、男の子。

最初は、あまり女の子は、いません。。

 

 

こっちの、実がついてるのが、女の子です。(●^o^●)

 

 

このくらいの時に、触ったりすると、実がぽろっと、落ちちゃうので、しずかーーに。。そーーっと。(^_^メ)

こんな感じで、成長します。

 

 

 

7月下旬。

立派に育っている、ちりめんちゃん発見!(*^。^*)

 

ただ、数は、少ない。。

この時点で、約30株のうち、確認できたのは、8個。。。

もう少し、実りますように☆

8/21の、講座にも、間に合いますように。。

 


やさしいおやつ ~きなこから作るわらび餅~ 2016年07月02日


第2回目となります、なごや西小学校トワイライトスクール。

今回は、きな粉から作るわらびもちです。(写真掲載許可有)

 

きな粉は、何からできている?

はい、大豆です。ヽ(^o^)丿

今回は、青大豆が手に入りましたので、味比べもして頂きました。

 

先ずは、大豆を炒ります。

 

こちらは、上級生にお願いしました。

大豆を冷ましている間に、わらびもちを作ります。

 

 

 

男の子も参加で、元気いっぱい!

また、今回は、28名の子供達に、ボランティアさんもお願いして、大人数でした。

 

次に、きな粉作りです。

細かくして、すりぶして

 

 

すり鉢で、スリスリーゴリゴリー

 

仕上げは、ミルでサラサラ状に。

 

 

ふるいにかけます。

 

 

青大豆は、主に、うぐいす餅に使われます。

 

 

食べなれたきな粉が好きと、答えてくれた子供達。

自分たちで苦労して作った、青きな粉が美味しかった派。

青臭さのある大豆は、子供に味覚には、不向きかもという思いもありましたが、食べてみないとやはり、わかりませんでした。

普段、青物を食べているのかな。。。(*^。^*)

 

 

 

色が分かりにくいですが、上が青大豆。下が、黄大豆です。

 

 

 

バタバタで、あまり写真が撮れなくて、、上記は、試作時の写真です。

次回は、秋の予定です。(*^。^*)

 

カテゴリ:Kao's cooking,mobile,和ごころコメント(0) |投稿時間4:13 PM
タグ: , ,


紅茶講座 ~世界三大紅茶~ 2016年06月26日


紅茶講座に、参加してきました。(*^。^*)

柳宗理のティーカップ&ソーサー、砂時計など、センスよく、セッティングされてました。

 

昨年、揖斐茶ツアーで、ご一緒させて頂いた、建築設計士の富田さんと、岐阜のfrontさんとのコラボイベント。

富田さんは、今年も、揖斐茶体験されたそうで、水出しのお茶を頂きました。

すっきり、優しい味でした。

 

frontさんのスペースは、ギャラリー展示より、肩肘張ることなく、作品との出会いの場、カジュアルに、作品を楽しむことを目的として、カフェをされてみえるそうです。

建築家でありながら、紅茶伝道士として活躍されている、富田さんらしい作品も、展示されてました。

 

丁寧に、お茶を淹れる事の、大切さを教えて頂きました。

 

 

 

富田さんの、レクチャー。

 

紅茶はお湯の温度を下げないように、ポットをあたためておく事が、大切だそうです。

茶葉によって蒸らす時間も、それぞれです。

最後の一滴 ”Golden drop”

 

 

 

3種類の紅茶をテイスティング

①ダージリン

ルーツは中国種 ネパールの国境、標高2000m.以上の高地から急峻な谷底に至る斜面に植えられています。日中の直射日光と夜間の低温による寒暖差で発生する霧が、独特の味と香りをつくり出す条件となっています。〔お茶百科参照〕

 

②キームン

中国が産地です。発酵度数が高く、甘い香りもしますし、燻す時に使う、桜チップとか、そういうスモーキーな感じがするお茶です。
クセがありますが、私は好きです。

 

③ウバ

スリランカのセイロン島南東部が原産地。渋みがあります。ウバって、ミルクティーのイメージがありますよね。

カップに注いだとき内側の縁に移る金色の光は「ゴールデンリング」と呼ばれるそうです。

 

この3つは、世界3大紅茶と言われているそうです。

葉の香り、色、味、違いますね。

 

 

「ダージリン」「ウバ」「キームン」

写真は、富田さんのをお借りしました。

 

また、テイスティングしながら、その産地や、ファースト、セカンドフラッシュのお話もあり、興味深かったです(*^。^*)

この辺りは、是非、環境大学の講座(2017年2月26日)で、お願いしたいと思っております。

特別に、、、

ヌワラエリアという紅茶も、味わってみました。

スリランカを代表する紅茶の産地であるウバとは反対側に位置する最高地・ヌワラエリアで生産される銘茶です。

 

最後は、気に入った紅茶を、自分で淹れてみました。

 

 

 

焼き菓子 Merciさんの、スイーツと共に、、、

 

至福のひと時でした。

 

 

カテゴリ:mobile,お出かけコメント(0) |投稿時間10:59 PM
タグ: , ,



カレンダー

« 11月 2018年1月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。

キーワード検索



【ブログ担当者】 Kao
現在は、ファイナンシャルプランナーとして勤務。
食育インストラクターと保育士の資格を合わせ、それを生かそうと、2008年にスローフードあいちに仲間入り。
また、食べる事が大好きで、アレルギー持ちの事もあり、薬膳・マクロビオティック・ハーブなど、ナチュラルでヘルシーな食事法を勉強中。
趣味は、お菓子作り、ランニング、読書、音楽、DOG?

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

なごや環境大学共育講座 ...
2017年9月20日

なごや環境大学共育講座開催のお知らせです。 『自然の恵みを食卓で』 身近な食か ...


メルマガ登録

「Kao's スローライフ & Cooking」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先