KAOさんのスローライフ&Cooking

旧暦を楽しむ☆彡   =富山のかた豆腐のこと= 2016年01月13日


二十四節気は、太陽の動きが元で、太陽が移動する天球上の道を黄道といい 、黄道を24等分したものが二十四節気です。
農業が中心だった頃には、種まきや収穫の時期を知る術ともなっていました。

八十八夜も、茶摘みの目安となってますよね。

春:立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨
夏:立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
秋:立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降
冬:立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

今年は、暖冬ですが、小寒も過ぎ、もうすぐ大寒。
やはり一年の中でも、最も、寒い時期がやってきました。。
寒がりな私には、厳しい季節です。(>_<)

七草粥を食べて、無病息災。


1/11は、鏡開きの日。
ちょうど、お休みだったので、2日遅れで、職場でぜんざいを、作りました☆彡


寒いの苦手ですけど、この寒さがあるおかげで、美味しいものも、頂けます。

高野豆腐や寒天など寒さを利用した食べものがつくられたり、酒や味噌などもこの時期に、仕込んだりしますよね。
名古屋よりも、もっと寒い、北陸!
富山の物産展で、出会った、かた豆腐。
固い?堅い?  かたいんです(笑)        写真は、自然人ネットより

国内の山岳地域や離島では、古来中国から伝わってきた当時の姿に近い豆腐が伝統製法として変わらず作り続けられています。
合掌造りで有名な世界遺産の里、富山県南砺市に位置する五箇山。

日本の豆腐のルーツであり、「遣唐使によって中国からもたらされた豆腐の原形が残っている」といわれる説が有力であるそうです。
荒縄で縛って運んでいたそうです。

交通が不便な山間地でも日持ちが良い堅豆腐は、貴重なタンパク源として利用されていましたし、ハレの日にも、使われる食材のようです。
製造方法は濃い豆乳を用いたり、半日以上も重石をして水分を抜いたり、にがりのかわりに海水をつかったりと、各地で様々のようですが、高野豆腐みたいに、カチカチではないので、富普通に、食べられます。
**マーボー丼**

 

 

**豆腐ステーキ**

 
水切り不要、型崩れしない。しかも、消泡剤も使われていないので、お豆腐の甘味が、ぎゅっと詰まっていて、美味しい。
また、どこかで、出会ったら、購入したいお豆腐です。

 


年末年始は ~愛知のお雑煮~ 2016年01月04日


明けまして、おめでとうございます。_(._.)_

 


あっという間に、年末年始が、過ぎ去ってしまいました。。(笑)

大晦日。。

蕎麦は食べられないので、ラーメンで、年越し。(●^o^●)

高山ラーメン。大高菜も入れてみました。

そして、元旦は、シンプルすぎる愛知のお雑煮。(笑)


名(菜)を上げるためモチ菜を入れて、味噌を入れないのは、ミソをつけない為。
城(白餅)が焼けるのを、避けるの為、焼かずに煮ます。

質素倹約の武家社会の名残や験担ぎなど、様々な由来があるみたいです。

 

主役は、「真菜」や「大高菜」愛知伝統の菜っ葉。
今年は、小さいけど、我が家で収穫した、大高菜で、頂きました。

 

ヴァンナチュールワインで、かんぱーいヽ(^。^)ノ

 

まめに健康で、働けますように。。
*黒豆*

 

 
2種類の田作りで、五穀豊穣の田作りや、

 

 

 

 



かまぼこは、日の出。
なますの紅白で、おめでたい。


喜びの昆布など。

 

*煮しめ(筑前煮)**

 


千葉の大浦太牛蒡が入ってます。
一番人気??

腰が曲がるまで、長生きで。。

*海老*

 

 

しかも、名古屋らしく海老フリャーーと、すくなかぼちゃの天ぷら、鶏のから揚げ!だでね。(笑)

 

*鶏の松風焼き*

 

今年は、これが、人気でした。(*^。^*)

最後は、デザート☆(笑)

*ロールケーキ*

 

 

今年は、『何事にも、丁寧に』を目標に頑張りたいと思います。

今年も、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。m(__)m

 

 

カテゴリ:mobile,和ごころ,愛知の伝統野菜コメント(0) |投稿時間9:14 PM
タグ: ,


冬至とXmas 2015年12月23日


冬至に、かぼちゃ☆

**すくなかぼちゃのそぼろ煮**

 

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。

悪運リセットですね。

今年は、怪我もあったし、リセット、リセット!!(*^。^*)

 

ん!がつくものを食べるのは、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

かぼちゃ(なんきん)、うどん(饂飩:うんどん)、きんかん、にんじん、れんこん、ぎんなん、かんてんを、冬至の七草と言うそうです。

LUCKY7☆彡

この7つには、んが2つのついてるので、さらに運気倍増!?

 

だいこんとか、みかんは、、、可愛そうね。。^_^;

「冬至に天気がよければ翌年は豊作」と、言い伝えもあるそうなので、来年は豊作かな。

 

ゆず湯は、湯治=冬至

 

よく、考えると、毎年、同じパターンな我が家。。(苦笑)
でも、同じように、行事ができることは、幸せなこと。

我が家の風物詩?

夏に収穫し、乾燥させたドクダミの葉。

 

 

みかんの皮を乾燥させたり、入浴剤不要で、経済的..(●^o^●)

 

さて!冬至とクリスマスって、関連があるのは、ご存知でしょうか。

古代ヨーロッパでは「ユール(Yule)」という冬至祭が、12日間に渡って行われていました。

ユールは、太陽の「死と復活」のお祭り。

「ユールログ」と呼ばれる大きな木の幹(巨大な薪)を燃やす火を囲んで、ご馳走を食べ、お酒を飲んで、12日間祝いました。

ユールログを模した丸太型のケーキは、ブッシュ・ド・ノエル。

 

クリスマスといえば12月25日で キリストの誕生日と言うよりは、キリスト復活の意味があるそうです。

 

ジンジャーマンクッキーに、ヘクセンハウス。

 

来年は、もう少し上達できるといいなーー。
「この家は、柱がないから、ツーバイフォーかな。。」と、言いながら、作ってました。

 

耐震は、、なさそう。。(笑)

 

**ブッシュ・ド・ノエル**

 

マロンクリームです。

メリークリスマス☆彡

 

 

カテゴリ:Kao's 食育,mobile,歳時記コメント(0) |投稿時間11:13 PM
タグ: , , ,


ムキタケのこと 2015年12月21日


ムキタケとなめこを、お友達から、頂きました。ヽ(^o^)丿

景色も、素敵ーー☆

秋田のブナ・ミズナラ林では、大量に採れるので山間地方を代表するキノコ。
傘の表面に短毛が密生していて舌触りが悪いので、皮をむいて食べることから「ムキタケ」と名付けられたそうです。

人生初のムキタケ☆彡

きのこの事、知らなさすぎかもーー(笑)
傘の表面がむける特徴あり   傘に水を含んでいる事が多いそうで、 傘の径は3~10 ㎝     つきよ茸に似ているので注意が必要みたいです。

ムキタケは、出汁をよく吸いますので、煮物とか、鍋に良いですね。
**ムキタケ入り白菜のミルフィーユ鍋**

 


白菜は、伝統野菜の野崎白菜

焼きムキタケも、いけます!

**焼きムキタケのカレー**


**ムキタケのペペロンチーノ**

 

なめこは、味噌汁とか、

 

**揚げだし豆腐**

美味しく頂きましたm(__)m

 


みかん狩り☆彡 ~みかんと橙の違い~ 2015年12月02日


 

蒲郡で、みかん狩り☆彡

 

久しぶりに、幼馴染みにも、会えました(●^o^●)

蒲郡みかんは、愛知県初の、地域ブランド。

ミカン類の原産地は、約3000万年前の現在のインド、タイ、ミャンマーの周辺とされているそうです。

 

みかんの仲間は、世界でおよそ900種類があり、なかでも日本の温州(うんしゅう)みかんは、日本独自の品種です。
400年前、突然変異によって日本独自の種無しみかんが誕生。

中国の有名なみかん産地、温州地方にあやかって「温州みかん」と呼ばれた。
鹿児島県の長島東町には約300年以上前の温州みかんの古木が見つかっています。

当時は、温州みかんが「種なし」であったことから、縁起が悪いと敬遠され、九州の一部で栽培されていたにもかかわらず、温州みかんが、現在のように日本の温暖な地方で栽培されるようになったのは明治以降になってからです。

 

 

日本には、お正月飾りの時に、使うダイダイがあります。(写真:日本鏡餅協会より)


 「家族が代々(だいだい)繁栄しますように… 」 という意味があります。   

落果し難く、収穫しないでおくといつまでも(翌年も翌々年も)木になっていて、同じ木の上に三世代の果実がつくために、親から子へ、子から孫へと代々の相続を連想させるそうです。

また、木の上で年を重ねた果実は、落ちないどころか実の色がまた青味がかってくるので、そのことが若返りを連想させ、中国では「回青橙(青年に回り返るという意味)」と名づけられているのです。

ミカン電車。


かわいいでしょ☆

 

 

みかんは、うす皮ごと食べると、ダイエットにも、いいそうですよ。ヽ(^。^)ノ

食物繊維として含まれるペクチンには整腸作用の他、消化酵素のひとつである、パーゼの働きを阻害する作用があるとされ、食前に摂取することにより、食物中に含まれる脂肪の吸収を、抑制することができるそうです。

食べ過ぎて、手が黄色くなったりするのは、発がん予防に、有効な成分、βクリプトキサンが、血中に蓄積されるからです。

 

 

ラグーナ☆見えました(●^o^●)

みかんの皮は、乾燥させてお風呂に入れてます。

 

 

 

カテゴリ:mobile,お出かけ,未分類コメント(0) |投稿時間9:36 PM
タグ:



カレンダー

« 3月 2017年4月

 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。

キーワード検索



【ブログ担当者】 Kao
現在は、ファイナンシャルプランナーとして勤務。
食育インストラクターと保育士の資格を合わせ、それを生かそうと、2008年にスローフードあいちに仲間入り。
また、食べる事が大好きで、アレルギー持ちの事もあり、薬膳・マクロビオティック・ハーブなど、ナチュラルでヘルシーな食事法を勉強中。
趣味は、お菓子作り、ランニング、読書、音楽、DOG?

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

なごや環境大学 食卓の中...
2017年1月25日

なごや環境大学共育講座 食卓の中の微生物 今年度ラストは、発酵調味料と紅茶テイスティ ...


メルマガ登録

「Kao's スローライフ & Cooking」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先