KAOさんのスローライフ&Cooking

薬膳料理 黒と白 ~きくらげ・胡麻~ 2017年08月10日


8月の薬膳

薬膳の五行説(木火土金水)

木・春・肝・青色・酸味・胆・目・爪・筋

火・夏・心・赤色・苦味・小腸・舌・汗

土・長夏・脾・黄色・甘味・胃・口・唇

金・秋・肺・白色・辛味・大腸・鼻

水・冬・腎・黒色・塩辛味・膀胱・耳

 

自然界にあります、陽のエネルギーが最も盛んで、陰(臓器)の部分が弱くなる季節でもあります。

 

夏は、「心」

冷たいものばかり取り過ぎると、内蔵が弱ってしまいますので、食べ方に気をつけないとですね。

*トマト&卵の花椒スープ

青い実は、山椒で、鰻にかけますが、熟した赤い実は、花椒(かしょう、ファージャオ)と」言って、マーボー豆腐を作る時に使います。

 

婦人科系、耳鳴り、抗菌、消化不良などの症状に、良いそうです。

 

今回、きくらげ、胡麻についても学びました。

*雑穀ご飯&黒ゴマ

 

 

 

黒胡麻は、 五行色体表の「黒」に属します。黒胡麻は「腎」に効き、血の巡りを良くしてくれます。
補肝・補腎など疲れ弱った「肝・腎」を 補ってくれます。

「補血」つまり血を補うの力が有り、 「血」と繋がりのある 「髪」にも影響を与え 白髪・脱毛にも効果が有ると言われます。

 

白胡麻は、 黒胡麻に比べ油脂が多く、 皮膚の乾燥や通便に効くようです。
肺・脾以外に大腸に効果が有ると言われます。白胡麻は「肺」に効き、身体の水分バランスを整える。

 

また、工方法によって「洗いごま」「いりごま」「すりごま」「ねりごま(ペースト)」などの呼び方に分けられます。

  • 洗いごま・・ 生のごまを水洗いして、乾燥させたもの
  • 皮むきごま(みがきごま)・・ ごまの皮を除いて、乾燥させたもの
  • いりごま・・ 生のごまを水洗いして、煎ったもの
  • すりごま・・ いりごまをすったもの
  • ねりごま(ごまペースト・あたりごま)・・・いりごまをペースト状にすりつぶしたもの

ごまについては、11/12のなごや環境大学の講座でも、お伝えしたいと思っております。

 

*豚肉と黒木耳のアスパラ炒め

 

 

白・黒きくらげ・・両方とも水を補う作用があるそうです。

黒きくらげは、胃や大腸、白きくらげは、肺を潤すとのこと。

 

黒と白

しばらく、私のテーマになりそうです。(^^♪

 

 

 



コメントはこちらから!

トラックバックURL:http://www.slowaichi.net/kao/2017/08/11612/trackback





カテゴリ:mobile,各国料理|投稿時間9:12 PM
タグ:


カレンダー

« 7月 2017年8月 9月 »

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事のカテゴリ一覧

最新の記事

タグクラウド

「単語をクリックすると、その単語が付箋(=タグ)として張られた記事が一覧表示されます。大きいものほど使用頻度が高いタグです。

キーワード検索



【ブログ担当者】 Kao
現在は、ファイナンシャルプランナーとして勤務。
食育インストラクターと保育士の資格を合わせ、それを生かそうと、2008年にスローフードあいちに仲間入り。
また、食べる事が大好きで、アレルギー持ちの事もあり、薬膳・マクロビオティック・ハーブなど、ナチュラルでヘルシーな食事法を勉強中。
趣味は、お菓子作り、ランニング、読書、音楽、DOG?

お知らせ

イベントや教室開催など、
ブログ運営者からのお知らせです。

なごや環境大学共育講座 ...
2017年9月20日

なごや環境大学共育講座開催のお知らせです。 『自然の恵みを食卓で』 身近な食か ...


メルマガ登録

「Kao's スローライフ & Cooking」ブログの更新情報をメールでお届けします!


 


最近のコメント

過去の記事

リンク先